【結婚式の日取り】六輝ってなに?
  • 結婚準備

【結婚式の日取り】六輝ってなに?

結婚が決まったらまずは入籍日や結婚式の日取りをいつにしようかと話し合うことになりますよね。

とくに結婚式の日取りを決めるに当たって【お日柄】を気にされる方も多いのではないでしょうか。

大安や仏滅とか耳にするけどどこまで気にするべきなのか悩んでいる方にも必見!

今回は六輝について説明しますので是非ご参考にしてみてくださいね♡

洋装ロケーションフォト

そもそも六輝とは?

大安、仏滅などの日柄のことを六輝といいます。

カレンダーでよく目にする六輝ですが、大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅の6つで構成されています。

もとは中国発祥の時刻占いとして、日本に広まった後に時刻から日を占うものに変化していったそうです。

最近ではそこまでこだわる方も少なくなりましたが、それでも「仏滅だけは避けたい」というお声があったり、「自分たちは気にしないけど親が気にするみたいで…」と悩まれる方もいらっしゃいます。

時間帯によって意味が変わる!六輝について

大安

「たいあん」または「だいあん」と読みます。

大安の日は、午前・午後ともにずっと一日中吉日とされており、

何をしても上手くいく六輝の中で最も縁起の良い日。

友引

「ともびき」と読みます。

大安の次に縁起が良い日で正午を除いて吉とされています。

先勝

「せんしょう」または「さきがち」と読みます。

午前中が吉、午後が凶。

そのため一日の早い時刻にスタートされることが望ましく、午後は避けた方が良いとされています。

先負

「せんぷ」または「さきまけ」と読みます。

午前中が凶、午後が吉。

そのため結婚式のスタートも午後スタートが良いとされています。

赤口

「しゃっこう」または「しゃっく」と読みます。

赤い口をした鬼が災いをもたらす日とされています。

そのため六輝の中では仏滅の次に縁起の悪い日で、お祝い事にはあまり向いていないといわれています。

仏滅

「ぶつめつ」と読みます。

1日中凶とされているので結婚式やお祝い事には適さないといわれています。

しかし仏滅は「物滅」と捉えることもでき、物事がすべてリセットされるという考え方もあるそうです。

まっさらな状態で一から始めるという考え方で、この日を結婚式の日に選ぶ方もいらっしゃいます!

和装スタジオフォトプラン

その他日取りを決めるときに六輝だけでなく「お二人の大切にしたい記念日」を優先して決める方も多くいらっしゃいます。

結婚式の日はこれからお二人にとって一生の記念日となる日です。

ご紹介した六輝を参考までにこれからお二人で結婚式の日取りについて話し合ってみてくださいね♪

 

▼来店はこちらまで

予約

Share

  • Twitter
  • facebook
  • line