ファミリーウエディング(パパママ婚)って知ってますか?
  • その他

ファミリーウエディング(パパママ婚)って知ってますか?

ファミリーウェディングってどんな式?

ファミリーウエディング、別名パパママ婚。あまり聞きなれないかもしれませんが最近知られて広まってきた結婚式の挙げ方です。
通常結婚式といえば新郎新婦の二人が挙げるものですが、パパママと子どもが一緒に結婚式を行うという形態の式です。

結婚当初は金銭的な問題やその他個人の事情によって式を挙げられなかった夫婦もいるかもしれません。ウエディングフォトだけにして「ナシ婚」にしようというカップルも多くなってきました。

しかし後になって赤ちゃんが生まれてから「やっぱり式を挙げれば良かった」と後悔することもありますし、「今なら経済的にも安定してきて式を挙げられる」と考える夫婦もいるでしょう。その時にはすでに子供も生まれていて、もしかしたら少し大きくなっていたりもするでしょう。
それで一家で結婚式をやろう、というのがこのファミリーウエディングです。赤ちゃんが生まれたばかりならお披露目会も兼ねることができます。大きくなった子供がタキシードやドレスを着て両親と共に立っている姿も微笑ましいものです。

ファミリーウェディングは参列者にも好評!

ファミリーウエディングには、参列する人たちにも好評だというデータもあります。自分も子供がいるので連れて行きやすいと思う人や、楽しそうだと言う人から、あまり知られていないためどのようなものか興味があるという人もいます。

このファミリーウエディングにかかる費用や規模はどのくらいにするものなのでしょうか。意外に思えるかもしれませんが、パパママ婚の費用はそう多くありません。100万円未満から200万くらいで挙げることができますし、10人ほどの規模の小さいものから扱っている会社のプランもあります。

それであまり心配せずに挙げることができます。ただプランに含まれるものとそうでないものがあり、自分で準備する必要のあるものもありますので、式場のプランナーとよく相談し、プランについて検討してみることが必要です。 子どもがいるため、二人で挙げる通常の式よりも演出の幅も広がって楽しいものになるでしょう。

子どもに役割を与えてリングピローを運んでもらったり、スライドショーに登場させたり、歌を歌わせたりする先輩カップルも多いようです。

子どもの年齢に応じて式場選びを

子どもの年齢に応じて式場をどんなものにするかも考えると良いでしょう。赤ちゃんをお世話するスペースや、段差のないところ、少し大きくなっているなら子どもがものを壊さないように注意する必要もありますので、あまり高級なところを選ばない方が良いかもしれません。

ファミリーウエディングは通常の式とは異なり、アットホームで独特な式になります。良い計画と準備のもとで楽しい式にすることができるでしょう。

Share

  • Twitter
  • facebook
  • line